リフォームのドイト|東京・埼玉・神奈川・千葉・福島のリフォームなら

0120-803-050
受付時間:AM10:00~PM6:00 Webからお問い合わせ
電話
メールでお問い合わせ

洗面所・洗面化粧台リフォームの基礎知識

洗面所は洗顔や歯磨き、毎日の身だしなみを整えたりなど頻繁に使う場所です。生活スタイルに合わせて使いやすく快適な洗面所にしましょう。

洗面所の種類

最も一般的なのは、脱衣所と洗濯機置き場を兼用する独立したタイプです。その他にはトイレや浴室とスペースを共有するタイプなどがあります。1人暮らしや2世帯住宅でスペースを無駄なく使いたいから共有型にするなど、それぞれの生活環境にあった種類を選びましょう。

壁・床の素材

洗面所は湿気がたまりやすく、水滴もつきやすい場所です。壁や天井には調湿機能や防カビ機能のある素材を選び、床もタイルやクッションフロアなど水に強い製品を選びましょう。

洗面台の種類

ユニットタイプ

60・75・90・120㎝幅など決められていて、鏡、収納など各パーツがセットになっているタイプです。システムタイプに比べ費用が安く、種類も豊富にあります。

システムタイプ

収納やボウルの形状含め、間口に合わせて設計し各パーツを組み合わせできるタイプです。サイズ、パーツ共に自由に選ぶことができますが、ユニットタイプに比べて費用が掛かります。

洗面台選びのポイント

洗面台は、鏡、収納、水栓、洗面ボウルで構成されています。
使いやすい洗面台を選ぶためには、まずは現状の問題点を確認することが大切です。どこをどのように改善したいのか、今後新たにどのようなことをできるようにしたいのか、しっかり優先順位をつけて決めていくことが大切です。
例えば、収納の問題、コンセントの場所、お子様や高齢の方がいる場合は安全性、水栓の種類、洗面ボウルの高さや深さ、掃除のしやすさなどがあげられます。収納については空き扉ではなく引き出し収納のものもありますし、鏡にくもり止めをつけたり、椅子を設置できるようにすることも可能です。毎日どういった使い方をしたいか具体的に思い描きながら考えていくのがいいでしょう。
また洗面台選びにはサイズがとても重要です。既存の洗面台の幅や高さはもちろん、奥行きや壁との幅等できるだけ細かく採寸しましょう。

かんたん見積もりはこちら