リフォームのドイト|東京・埼玉・神奈川・千葉・福島のリフォームなら

0120-803-050
受付時間:AM10:00~PM6:00 Webからお問い合わせ
電話
メールでお問い合わせ

外壁リフォームの基礎知識

外壁は常に外の紫外線や雨風にさらされる部分で、素材選びが住まいを長持ちさせる為に重要です。住まいの印象も大きく左右する部分なので、種類を知って失敗のないように選びましょう。

外壁の種類

サディング

最も多く用いられている壁材で、ボードを一枚ずつ張っていく外壁です。耐火性や耐久性に優れており、金属系、窯業系、木質系、樹脂系など種類があります。工期が短いことと、品質が均一であることが特徴で、デザインが豊富なとことも魅力です。ボードのつなぎ目にゴム状のシーリング材が埋め込まれており塗装の際はシーリングの交換が必要です。約15年から20年で全面補修の検討が必要になります。

モルタル

セメントと砂、混和材を混ぜ、水を加えて練ったモルタルを塗装した外壁です。防火性が高いことが特徴ですが、サディングに比べ費用が高く工期も長くかかります。約10年から20年で全面補修の検討が必要です。

タイル

粘土や鉱物を混ぜて形成し焼き上げた壁在です。対抗性、耐久性、耐火性に優れていることが特徴で、劣化しにくいためメンテナンスがほとんど不要です。ただ、他の壁在に比べ費用がかかります。

塗料の種類

アクリル系塗料

比較的安価で、よく使用されますが、耐久性は低く耐久年数は5年から8年程度です。こまめなメンテナンスが必要で、モルタル壁や、不燃材を用いたサディング壁などに適しています。

ウレタン系塗料

仕上がりに艶があり、紫外線に強く防水性も優れています。ただ汚れがつきやすく、耐久年数は6年から10年程度です。モルタル壁、金属製のサディング壁に適しています。

シリコン系塗料

アクリルやウレタン系に比べると高価ですが、紫外線に強く汚れがつきにくいです。現在最も主流になっている塗料で、耐久年数は8年から15年程度です。塗料のカラーバリエーションが豊富で、モルタル壁、不燃材を用いたサディング壁に適しています。

フッ素系塗料

塗料の中では高価ですが、耐久年数が12年から20年程度と最も耐久性が長いです。親水性があるので、外壁についた汚れも雨で落ちるという特徴があります。モルタル壁、不燃材を用いたサディング壁に適しています。

外壁リフォームの流れ

外壁リフォームは、外壁塗装のみ行う場合と、サディング等を張り替える場合があります。
外壁塗装のみの場合、足場組立→洗浄、ひびなどの補修→下塗り→上塗りという流れになります。
サディング張り替えを行う場合は足場組立→既存の外壁撤去→下地補修→新しい外壁の取り付けという流れになります。

家の大きさや作業人数、天候によって変わりますが、塗装のみの場合でも約1週間から2週間の期間を要します。スケジュールをよく相談して決めましょう。

外壁リフォームのポイント

納得のできるリフォームをする為には、まずは現状の問題点の確認が不可欠です。例えば見た目の不満や、汚れやすさの不満などがあげられるでしょう。その上で、今後何年住むかなどの将来を見据えて希望をまとめるといいでしょう。外壁リフォームでは、見た目、耐久性、機能面、予算のバランスを考慮して決めていきましょう。

かんたん見積もりはこちら