リフォームのドイト|東京・埼玉・神奈川・千葉・福島のリフォームなら

0120-803-050
受付時間:AM10:00~PM6:00 Webからお問い合わせ
電話
メールでお問い合わせ

キッチンリフォームの基礎知識

キッチンは料理をする方は特にこだわってリフォームしたい場所と言えるでしょう。満足のいくキッチン選びをして日々の料理を快適にできるようにしましょう。

キッチンのスタイル

オープン型

ダイニングやリビングとの間に仕切りがないスタイルです。仕切りがないことで開放的な空間になり、家族と顔をあわせながら料理をすることが可能です。ただ、仕切りがないことで料理のにおいや油などが部屋に流れやすく、キッチンが丸見えで生活感が出やすくなるというデメリットがあります。

セミオープン型

ダイニングやリビングと空間を共有しながらもカウンターや吊戸棚でキッチンスペースとの仕切りを設けるスタイルです。キッチンスペースを適度に隠せて、家族とのコミュニケーションもとりやすく人気の高いスタイルです。ただ、オープン型と比べるとキッチンスペースが広く必要になります。

独立型

キッチンのみを独立した部屋にしたスタイルです。料理のにおいや油が広がらず、ダイニングやリビングを汚さずに済みます。独立した空間で調理に集中できるというメリットがありますが、その分家族とのコミュニケーションがとりにくいというデメリットもあります。

システムキッチンの種類

最も一般的なのがシンクとコンロが横一直線に並んだ「I型」と、壁2面を使いシンクとコンロがL字型にならんだ「L型」です。その他にも対面型やU型などがありますが、それぞれ必要なスペースや作業スペース、導線などが大きく変わってくるので、確保できるスペースと好みの使い勝手を考えて最適のタイプを選びましょう。

キッチンリフォームのポイント

作業効率の良い導線を考える

キッチンリフォームにおいて導線を考えることは最も大切といってもいいでしょう。一般的にシンク、コンロ、冷蔵庫の3つの距離が短いと作業効率が良くなると言われています。自身の調理中の動きをよくイメージして使い勝手の良いキッチンを造りましょう。

使いやすいサイズを考える

身長によって使いやすい高さ、収納の位置などは変わります。使いやすいサイズを考慮して決めましょう。ショールームで実物を観てみるのもいいでしょう。

収納を考える

使いやすいキッチンを造るためには収納を十分確保することも大切です。キッチンスペースに何を置いておきたいかを十分確認して収納を考えましょう。

カラー・デザインを考える

キッチンのカラー選びは家のリフォームの中でも個性の出しやすい部分です。他のインテリアとの調和を考えながらも毎日の料理のモチベーションがあがるようなカラーやデザイン選びを心掛けましょう。

キッチンリフォームをするにあたって、まずは今使っているキッチンの問題点をしっかりと確認することが大切です。そしてそれをもとに、どの様なキッチンにリフォームしていきたいのかを出来るだけ具体的にイメージして考えていきましょう。上記のポイントを参考に理想のキッチン空間を造りましょう。

かんたん見積もりはこちら