リフォームのドイト|東京・埼玉・神奈川・千葉・福島のリフォームなら

0120-803-050
受付時間:AM10:00~PM6:00 Webからお問い合わせ
電話
メールでお問い合わせ

ガーデンリフォームの基礎知識

庭は、鑑賞して景観を楽しんだり、家族や友人とバーベキューをしたり、子供やペットを遊ばせたりと、さまざまな使い方ができます。まずはどのような目的をもってリフォームしたいのかをよくイメージして庭造りを考えていきましょう。

鑑賞する庭

好みにあわせ和風の庭や洋風の庭などが造れます。美しい庭を造る為に、全体のバランスを考慮しましょう。また、リビングや浴槽からなどどこから観たいかなど視線も考慮して造っていくのもいいでしょう。庭の手入れが好きな方の場合は草花を中心にした庭や、あまり手間はかけたくない方の場合はテラスなどを主体としたドライガーデンにするなど生活スタイルにあったメンテナンス性を考えることも大切です。

使う庭

庭の造りによっては家族や友人とバーベキューをしたり、子供やペットを遊ばせたりなどが可能です。例えば子供を遊ばせたい場合砂場や水場を造ったり、芝生にして走り回れるようにするのもいいでしょう。他のもウッドデッキを設置して読書や日向ぼっこをできるようにすることもできます。庭をどのように使いたいのかよくイメージして決めていきましょう。

ガーデンリフォームのポイント

庭のリフォームにおいてよりよい庭造りの為に意識しておきたいポイントがいくつかあります。ポイントをおさえて満足のいく庭を目指しましょう。

外からの視線対策

庭で過ごす際、外からの視線は意外と気になるものです。圧迫感が出ない程度にフェンスや植物で目隠し対策をすることでよりくつろげる空間になるでしょう。

導線を考える

庭をデザインする際は、導線を意識してテラスなどの配置をしていくとより使い勝手の良い庭になります。また、リビングの庭が隣接している場合、段差をなるべくなくし、庭への出入りが楽になるような工夫をするのもいいでしょう。

メンテナンス性、害虫対策を考える

生活スタイルともかかわりますがメンテナンス性も庭造りにおいて大切です。特にあまり庭の手入れをする時間のない方の場合は、メンテナンスの手間のかからないデザインにするのがいいでしょう。雑草が生えないように砂利や防草シートを取り入れることも可能です。

夜の庭を考える

庭は昼のイメージの方が強いかもしれませんが、夜も十分楽しめます。照明をうまく使い幻想的なナイトガーデンを造るのもいいでしょう。

かんたん見積もりはこちら