かんたん見積もり

リフォームのドイト|東京・埼玉・神奈川・千葉・福島のリフォームなら

かんたん見積り
0120-803-050
受付時間:AM10:00~PM6:00 Webからお問い合わせ
電話
メールでお問い合わせ

フローリング・クッションフロアーのリフォームの基礎知識

部屋の中で大部分を占め、身体と密着するすることも多い場所が床です。ライフスタイルによってどんな素材が適しているか大きく変わってくるので、よく考えて選んでいきましょう。

床選びのポイント

床選びで重要なのは、まずは機能性です。それぞれの空間によって用途にあった素材を選ぶことが大切です。例えばリビングですが、普段素足でいることが多かったり、寝転ぶこともあるということであれば肌触りのいい質感の床材が適しているといえるでしょう。ラグを敷くのであれば、質感よりも掃除のしやすさを重視するのもいいです。他にも子供部屋は傷やへこみに強いものを選んだり、階下に響きにくいものを選ぶこと、水まわりは防水性が高く、汚れに強い素材を選ぶことなどが可能です。
次にデザインですが、毎日目につく場所なので部屋のイメージを意識して選びましょう。インテリアや照明にあわせるのもいいですし、色合いを工夫して部屋を広く見せたり、寝室は柔らかいイメージの色にするなど、色合いも意識するといいでしょう。

床の種類

それぞれのメリット、デメリットを考慮して選びましょう。

フローリング(無垢)

単層フローリングとも呼ばれ、天然木から取り出した木を1枚の板に加工したものです。複合フローリングに比べ効果ですが、素材の持つ風合いや質感が魅力です。

メリット

・断熱性が高く、調湿効果もある
・自然素材ならではの風合いや質感が良い
・経年劣化による深みや味を楽しめる

デメリット

・複合フローリングに比べて高価
・湿度変化にともない膨張や収縮、反りなどが発生する
・水が染み込みやすく汚れやすいのでメンテナンスが必要

フローリング(複合)

複数の板を張り合わせた合板の表面に天然木の薄板を張りつけたものです。
色や柄、表面材の厚み、機能(遮音性や表面強度など)などバリエーションが豊富です。

メリット

・無垢のフローリングに比べ費用がかからない
・色や柄のバリエーションが多く色や模様が比較的均一
・湿度変化などによる膨張や縮小反りが生じにくい
・表面加工等によって汚れや傷に強くなる

デメリット

・無垢のフローリングのように経年劣化を楽しむことはできない
・質感がやや硬め

クッションフロア

塩化ビニールを用いた長尺の床材です。機能性が高く、抗菌性、防滑性、防水性に優れています。汚れに強いので水にまわりによく用いられます。

メリット

・他の床材よりも費用がかからない
・防水性や防汚性が高いので手入れが楽
・カラーや模様の種類が豊富で、水回りをはじめ居室まで用途を広く使える
・遮音性が高く音が響きにくい
・クッション性があるので足腰への負担が軽減される

デメリット

・熱に弱い
・家具などの跡が残りやすい
・木目調の場合フローリングと比べると見劣りする

カーペット

織物または敷物の総称で、保温性や吸音性も優れた素材です。柔らかく温かみがあるので、寝室などによく用いられます。

メリット

・遮音性に優れ音が響きにくい
・保湿性、吸湿性が高く足触りが柔らかい

デメリット

・掃除がしにくい
・他の床材に比べダニなどが発生しやすい
・車いすなどのキャスターがついたものは不向き

タイルカーペット

正方形に作られたカーペットです。汚れた部分のみ交換可能なので、子供部屋やペットがいる部屋によく用いられます。

メリット

・汚れた部分のみ部分的に交換でき、手入れが楽
・カーペットと同様、防音性やクッション性に優れている
・滑りにくく、ほこりも付きにくい
・接着剤不要のものもあり、賃貸住宅にも利用可能

デメリット

・カーペットに比べて高価
・カーペットに比べ触り心地が硬い商品が多い
・湿気がたまりやすく、下地によってははがれてくる場合もある

畳床に編んだい草を張ってつくられたものです。天然素材のわらを用いたものと、ポリスチレンフォーム板などを用いたものがあります。

メリット

・感触がとても良く、日本らしい趣がある
・クッション性があり柔らかいので、足に衝撃が響きにくい
・い草には天然の浄化作用や抗菌作用がある

デメリット

・メンテナンスに手間がかかる
・畳表が弱く傷などがつきやすい
・湿度が高いなど環境によってはダニや臭いが発生する場合がある

フロアタイル

塩化ビニール樹脂などを用いて、タイル状に加工した床材です。石目や木目など柄が豊富で、耐久性も高いので、トイレや洗面所、店舗などによく用いられます。

メリット

・耐久性や耐磨耗性、耐薬品性に優れている
・比較的硬く、ものを乗せたときの跡が残りにくい
・石目や木目など柄と色のバリエーションが豊富

デメリット

・硬く、クッション性がない
・熱に弱い
・防音性が低い

かんたん見積もりはこちら